誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

本当に日本に来ちゃった「マニーラミレス まとめ」を検索してみた!

ニュース

本当に日本に来ちゃった「マニーラミレス まとめ」を検索してみた!
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!


クリーブランド・インディアンス (1993 - 2000)
ボストン・レッドソックス (2001 - 2008)
ロサンゼルス・ドジャース (2008 - 2010)
シカゴ・ホワイトソックス (2010)
タンパベイ・レイズ (2011)
義大ライノズ (2013)
高知ファイティングドッグス (2017 - )

記録

最高出塁率 3回:2002年、2003年、2006年
最高長打率 3回:1999年、2000年、2004年
MLBオールスターゲーム選出 12回:1995年、1998年 - 2008年(そのうち1999年 - 2005年、2008年の8回は先発。2006年は外野手最多得票で選出されるも負傷により出場は辞退)
満塁本塁打数:21本(歴代3位。歴代1位はルー・ゲーリッグの23本)

表彰・タイトル

首位打者 1回:2002年(.349)
本塁打王 1回:2004年(43本)
打点王 1回:1999年(165打点)
シルバースラッガー賞 9回:1995年、1999年 - 2006年 ※外野手として8回はア・リーグ記録(2002年のみ指名打者として受賞)
ハンク・アーロン賞 2回:1999年、2004年
ワールドシリーズMVP 1回:2004年
月間MVP 5回:1995年5月、1999年4月、2001年4月、2002年9月、2008年8月
週間MVP 15回
The Sporting News
All-Star Teams 7回:1995年、1999年、2001年、2002年、2004年、2005年、2006年
ベースボール・アメリカ・マイナーリーグ年間最優秀選手賞 1回:1993年

インディアンス時代

1991年6月のドラフトでクリーブランド・インディアンスに1巡目(全体13位)指名を受け契約金25万ドルで入団

1994年にメジャーに定着し、安打数、二塁打、本塁打、打点など、ほとんどの打撃カテゴリーでア・リーグの新人中2位の成績をあげ、ア・リーグ新人王投票でも2位となる
1999年は打撃が好調で本塁打と打点を量産、「シーズン200打点を記録するのでは」と話題になり、オールスターにも初めてファン投票で選出される。9月30日のブルージェイズ戦、それまで161打点を稼いでいたラミレスは3ランホーマーを放ち、1936年にハル・トロウスキーが記録したシーズン162打点のチーム記録を更新する。結局147試合に出場し、打点王となる165打点の成績を残す

レッドソックス時代

2001年にレッドソックスへと移籍したラミレスの活躍は2002年にシーズン通算で打率.349を記録し初のア・リーグ首位打者を獲得する

2004年は43本塁打で初のア・リーグ本塁打王となり、打率・打点・本塁打の打撃主要3部門全てを獲得した打者となる。30本塁打・100打点以上は7年連続

2006年は8年連続9度目のシルバースラッガー賞。開幕から16試合本塁打なしと出遅れたが、6月10日のレンジャーズ戦で、史上31人目となる通算450号本塁打を達成。7月1日のマーリンズ戦では通算2000本安打を本塁打で達成した。さらに8月3日のインディアンス戦では史上46人目となる1500打点を達成するなど、節目となる記録が相次いだ

2008年前半はまずまずの成績を残し、5月31日のオリオールズ戦では史上24人目となる500HRを放ったほか、オールスターにもファン投票で選出された

ドジャース時代

2008年7月31日にパイレーツを加えた三角トレードでドジャースへの電撃移籍が発表された
移籍後は53試合で打率.396本塁打17、打点では出場試合数と同じ53を記録、8月には月間MVPを獲得するなど、ドジャースの地区優勝に貢献した。プレーオフでも好調を維持し、リーグ優勝決定戦までの8試合で打率.520、4本塁打10打点、出塁率は.667。自身の持つポストシーズン最多本塁打を28本に更新、打点も現役選手最多となる74に伸ばした
2009年5月7日にはドーピング検査でアナボリックステロイドの副作用を消す禁止薬物のヒト絨毛性ゴナドトロピン(hCG)の陽性反応を示したとして50試合の出場停止処分を科された

ホワイトソックス時代

2010年8月30日、ウェーバー公示で、シカゴ・ホワイトソックスへ移籍。打率.261本塁打1、打点2と低調な成績だった

レイズ時代

2011年、年俸200万ドルの1年契約でタンパベイ・レイズに移籍した開幕直後の4月8日に現役引退を発表
レイズの試合に出場したのは僅か5試合で、17打数1安打、打率.059、0本塁打、1打点

アスレチックス傘下時代

2012年2月20日にオークランド・アスレチックスとマイナー契約で合意した事が発表された

台湾球界時代

2013年2月、台湾・義大ライノズとの契約に口頭で合意したと報じられたが、3月7日までMLBとの球団と契約できなければ義大でプレーするという条件付きであった

レンジャース傘下時代

2013年7月3日にテキサス・レンジャーズとマイナー契約を結ん

カブス傘下時代

2014年5月25日にシカゴ・カブスとAAA級アイオワ・カブスの選手兼任コーチとして、マイナー契約を結んだ
選手としては主に指名打者や代打として24試合の出場で打率.222、3本塁打、OPS.648を残した。オフにはドミニカ共和国でのウィンターリーグに参加

カブス球団フロント時代

2015年2月24日に選手兼任コーチ契約から、新たにカブスの球団フロント契約となり、メジャー・マイナー両方の打撃指導に携わる打撃コンサルタントに就任した

高知ファイティングドッグス

2017年1月9日、高知球団はラミレスとの入団交渉がまとまり契約が合意に至ったと発表した

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
  • 憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。

カテゴリー

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ