旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

噂の「ロプノール 幻の湖」を調べてみました

ニュース

噂の「ロプノール 幻の湖」を調べてみました
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法
旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸

古来中国で西域と呼ばれる地域にあるロプノールは、「塩沢」あるいは「蒲昌海」などという名で知られ、紀元前1世紀頃の漢の時代には、「縦横ともに300里の鹹湖(かんこ)で、冬も夏も水量が変わらない」と『漢書西域伝序』に記された広大な湖であった。西岸には都市国家楼蘭が栄え、シルクロードの要衝となっていた

3世紀頃からこの地域一帯の乾燥化が進んだと見られており、豊富な水を失った楼蘭は4世紀以降急速に衰退していった。このためシルクロードも、タクラマカン砂漠の南側を通る西域南道など楼蘭を経由するルートは、距離的には短いにもかかわらず往来が困難になり、唐の時代までにはルートの中心が敦煌または少し手前の安西から北上・西進してトルファンを通り、天山山脈の南麓へ出る天山南路(西域北道)へと移った。こうして楼蘭とロプノールはいつしか流砂の中に消えてゆき、ついにはどこにあったのかもわからない伝説上の存在となった。13世紀に元の都を訪れたヴェネツィアの商人マルコ・ポーロは、西域南道を辿り、湖の南淵をかすめるルートで敦煌に達したとされているが、『東方見聞録』の中でロプノールには全く言及していない

1901年に中央アジア探検家によって、「ロプノールの周辺地域は標高差がわずかしかなく、堆積や侵食作用などによってタリム川の流路が大きく変動するために、湖の位置が南北に移動するのだ。ロプノールはいつかきっと元の位置に戻ってくる」とする「さまよえる湖」説が提示され、それからわずか20年後の1921年に、予言通りタリム川の流れが変わって湖が復活したことから広く知られるようになった

復活後は、上流の天山山脈などの降雪降雨量によって流れ込む水量が変わるため、消長を繰り返しながらも20世紀半ばまでは水をたたえていた。しかし、タリム川にダムが建設されたことなどもあって、現在は再び完全に干上がっている。衛星画像では乾いた湖床が人間の耳のような形に見え、湖心をかすめるように省道235号線が貫いている

旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
1
  • 世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
  • たった1回、5分の申請で”ほったらかし”で収入が入る〇〇とは・・・
Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

たった1回、5分の申請で”ほったらかし”で収入が入る〇〇とは・・・

カテゴリー

月別アーカイブ

たった1回、5分の申請で”ほったらかし”で収入が入る〇〇とは・・・