稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

話題の「白隠禅師 名言」とは!?

ニュース

話題の「白隠禅師 名言」とは!?
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

白隠 慧鶴(はくいん えかく、1686年1月19日(貞享2年12月25日) - 1769年1月18日(明和5年12月11日))は、臨済宗中興の祖と称される江戸中期の禅僧である。諡は神機独妙禅師、正宗国師

思想

彼は初めて悟りの後の修行(悟後の修行)の重要性を説き、生涯に三六回の悟りを開いたと自称した。その飽くなき求道精神は「大悟十八度、小悟数知らず」という言葉に表象され、現代に伝わっている。また、これまでの語録を再編して公案を洗練させ、体系化した。中でも自ら考案した「隻手音声」と最初の見性体験をした「趙州無字」の問いを、公案の最初の入り口に置き、以後の修行者に必ず参究するようにさせた。
また、菩提心(四弘誓願)の大切さを説いた。菩提心の無き修行者は「魔道に落ちる」と、自身の著作に綴っている。彼は生涯において、この四弘誓願を貫き通し、民衆の教化および弟子を育てた

禅画と墨蹟

広く民衆への布教に務め、その過程で禅の教えを表した絵を数多く描いたことでも知られる。その総数は定かではないが、1万点かそれ以上とも言われる
絵はおそらく独学と思われるが、製作年がわかる最も早い作である「達磨図」(個人蔵、享保4年(1719年))ではすでに巧みな画技を見せている。しかし、技巧を拒否するような白隠独自の表現が、縦220cm以上にも及ぶ大作「達磨図」(豊橋市正宗寺、寛延4年(1751年))あたりから見え始める。
代表作の一つ「大燈国師像」(永青文庫蔵)では、両手のデッサンは狂い、両足の位置もおかしく、身を包む衣や笠は平板で稚拙な線の寄せ集めで、紙面には下書きや描き直しの跡が残る。しかし、これらの写実性を欠く描写が厳しく恐ろしい顔貌表現と併置されることで、現実の肉体を超越した精神の限りない気高さを表象している。このような拙によって巧を超え、醜を転じて聖となす、殆ど絵画の反則技とも言える技法は、後の曾我蕭白などに強い感銘を与えたと想像できる

白隠禅師の軟酥(なんそ)の法

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

関連記事

ピックアップ!

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ

カテゴリー

月別アーカイブ

今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法