今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

急上昇キーワード「ブラックナイト 衛星 画像」とは!?

ニュース

急上昇キーワード「ブラックナイト 衛星 画像」とは!?
  • 藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!
  • 誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!
誰でも簡単に無料で作れる 稼げるブログ Dreamers!

1954年にセントルイス・ポスト・ディスパッチ(英語版)と
サンフランシスコ・エグザミナーの2紙を含む新聞に掲載された、
アメリカ空軍が地球を周回する2つの衛星の存在を報告したという記事である
(この当時、人類はまだ衛星の打ち上げに成功していない)。

これには冥王星の発見で知られる天文学者
クライド・トンボーも関わっているとされた

1960年2月、新聞記事はアメリカ海軍が赤道面から79度傾いた軌道を公転周期104.5分で周回している暗く回転する物体を発見したと報じた。
これはかなり特異な軌道を持ち、
遠点が1728キロメートル、近点はわずか216キロメートルだとしている。
この物体は、世界のどの国からも所有を表明されなかった
後の公開情報によれば、
当時の海軍は非常に似た軌道へ打ち上げられたコロナ偵察衛星
(ディスカバラー8号)から落下した部品を追跡していたとされる。
ディスカバラー8号は1960年5月に大気圏に再突入して燃え尽きており、
同時期に周辺の破片も大気圏内に落ちたと思われる

1973年、スコットランドの天文研究者でSF作家のダンカン・ルナン(英語版)は1920年代に検出された異常な電波信号の記録を解析し、信号は13,000年前から月の近くに存在していた探査機から送信されたメッセージであり、探査機の起源をうしかい座イプシロン星(イザール)であると推定した

1998年に行われた国際宇宙ステーション計画のSTS-88ミッションにおいて写真撮影された物体が、
ブラックナイト衛星であるという説が広く主張されている
しかし、これは船外活動の間に船体から外れてしまった熱ブランケットである可能性が高い。
宇宙開発ジャーナリストのジェームズ・オバーグ(英語版)によればブランケットは軌道を離れて落下し約1週間後に燃え尽きたという

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!
1
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう

カテゴリー

月別アーカイブ

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ